IMAYO since 1861 1861-KYOTO

ダイヤモンドへのこだわり DIAMOND

ダイヤモンドの大卸として戦後の混乱期に再スタートし、発展してきた今与は、長年にわたり海外仕入先との信頼関係を築いてきました。海外での直接買い付けは、 あらゆるサイズ・シェイプ・カラーが豊富に揃ったダイヤモンドの中から最適なものを選べるという利点があります。また、時として素晴らしい掘り出しものに巡りあう機会にも恵まれます。

ダイヤモンドの4大トレードセンターとして世界的に知られるアントワープ(ベルギー)・テルアビブ(イスラエル)・ムンバイ(インド)・ニューヨーク(アメリカ)へバイヤーが定期的に訪問し、今与の「ダイヤモンド選定基準」をクリアしたものだけを仕入れるよう、徹底したこだわりで買い付けを行います。経験豊富な熟練バイヤーの「目利き」は、今与の大きな誇りのひとつです。

大粒石からメレと呼ばれる小粒石まで、一石一石全てをルーペで確認するのは大変骨の折れる作業ですが、ダイヤモンドの輝きにこだわる以上、決して欠かすことはできません。ルーペを覗きながら、バイヤーが真っ先に確認するのは煌く輝きの源泉となるダイヤモンドそのものが持つ地肌のツヤです。次に、いわゆる4C(カラット・クラリティ・カラー・カット)を確認しますが、その中でもカットを最重要に考えます。より大きく見えるカットが施されているもの、光を逃さないシンメトリー(対称性)・バランスを持つもの、最終仕上げであるポリッシュ(表面の研磨)が美しいものだけを厳選します。これが今与の「目利き」バイヤーがこだわる「ダイヤモンド選定基準」の一例です。

直接手に取ってご覧になればきっとお分かりいただける、一味違うその輝き。今与のダイヤモンドは、「目利き」が自信を持ってお客様の元へと送り出しています。