IMAYO since 1861 1861-KYOTO

PHILOSOPHY 企業理念

おもしろのはなざかり

これは、私たちが、創業から戦前まで使っていた符丁(ふちょう)です。社内向けの数字の暗号のようなもので、「0〜9」の数字がそれぞれの文字に置き換わっていました。先代は、商売の基本となる符丁に、「おもしろのはなざかり」という言葉を選んでいたわけです。

調べてみますと、「おもしろ」の語源は「面白し」で、「面」は目の前を、「白」は明るくはっきりしていることを意味しています。そこから、目の前が明るくなった状態、目の前にある美しい景色を表すようになりました。今では、それが転じて、心楽しいことを意味しますし、雅で風流であるという意味も持っています。 

「おもしろのはなざかり」は、私たちの品揃えの基本方針にほかなりません。心楽しめるもの、風流なもの、おもしろいものを取り揃えてご提案したい。たくさんのおもしろいものが並ぶと、咲き誇るお花のようにお店も華やぐ。そうすればきっとお客様にも通じ、心の豊かさを実感していただけるのではないでしょうか?

これからの時代は、モノだけでは足りないかもしれません。おもしろい空間、おもしろいコトをも演出していかなければならないでしょう。その時代その時代でおもしろいことも変わってまいります。
しかし、私たちは、ひたすら「おもしろのはなざかり」に徹して、これからも歩み続けてまいります。

創業150周年を迎えるにあたって、私たち今与は、今までの歴史を大切にしながら、
さらに可能性を広げていくために、コーポレート・タグラインとシンボル、エンブレムを刷新いたしました。

IMAYO

SYMBOL

IMAYO

縦書きにすることで、今与の歴史を紡いできた京都の地の、伝統と和の文化を象徴し、さらに「グローバルに愛されるジュエリーでありたい」との願いから、アルファベット表記としました。
人が立つ姿を思わせるシルエットに「心と心の通い合い、いつまでも変わらない人と人のつながりを大切にしたい」との想いを込め、全体のデザインはバランス良く調和のとれた左右対称としています。

TAG LINE

SHINING HERITAGE 今に、未来に、輝きを与える

「SHINING」(=輝く)は、これまで以上に「輝き」にこだわる、「HERITAGE」(=資産、遺産)は、想いを込めて代々受け継がれていくジュエリーの「資産」としての価値をより大切にすることを意味しています。
「今に、未来に、輝きを与える」は、社名「今与」を織り込み、「今与は、現在にも未来にも、変わることのない輝きを与え続ける」という理念を表現しています。

EMBLEM

今与 1861 KYOTO

「今与」の「今」の文字と、お客様がのれんをくぐってお見えになる姿をデザイン化しました。京都ならではの文化性、今与の150年の歴史と同時に、「誰もが覗いてみたくなる存在でありたい」との願いを表現しています。
にこやかな人の顔ともなっており、「人と人のつながりを大切にしたい」という私たち今与の想いを込めています。